豊川小児科内科医院

所在地:〒080-0320 音更町木野西通8丁目1-14 JA木野高齢者福祉施設「すずらん」1階 電話:0155-32-2310 診療科目:小児科・内科 休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日 14:00~15:00は予約制で、予防接種・乳児検診・専門外来を行います。※ 予防接種に関してはその他の時間でも随時行っておりますのでお問い合せ下さい。
地図

お知らせ

2020/2/15

新型コロナウイルスについて

平素より大変お世話になっております。

新型コロナウイルスが中国で猛威を振るい、国内でも感染例が報告される

事態となっていますのは、皆さまご承知の通りでございます。

さて当院では院内感染防止の観点から、下記の方に関しましては受診する前に一度ご連絡を下さい。

呼吸器症状のある患者さまで、

①武漢市に2週間程度以内に訪問歴のある方

②同症(あるいはその疑い)患者との接触に心当たりのある方

感染防止対策はインフルエンザ対策と同様です。

基本的に手洗い・うがいが必須です。石鹸で構いませんので、

徹底した手洗いをお願いします。アルコール消毒も有効です。

うがいが出来ない場合などは少しずつ水分摂取を行って下さい。

(目的・・・のどなどについたウイルスを胃で殺菌するため)

マスクも効果的ではありますが、マスクの内側・外側にウイルスが付着し

ている事もありますので、マスクを使用しているから安心だとは考えない

で下さい。

マスク使用中はあまりマスクに触れないように、触った場合にはウイルス

が手に付着している可能性も考慮し、速やかに手洗いを行うという具合

に、マスク装着に関しましても十分ご配慮ください。

詳しくは下記の厚労省の新型コロナウイルス感染症に関するサイトをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

 

その他として、人ごみを避ける、十分な睡眠、バランスのとれた食事を心

がけて下さい。また呼吸器疾患や糖尿病など慢性疾患をお持ちの方は

そちらの治療も欠かさず行い、良い状態を保って下さい。

 

小児に関しては現時点で重症例の報告はされていませんので、

そこのところは安心できる材料かと存じます。

 

また今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりの可能性を考慮し、従来の私どもの診療方針の一部

を変更しております。

2月14日時点で、私ごもが把握しているところでは、帯広・音更・幕別・士幌・上士幌・鹿追・

足寄・本別で、それぞれインフルエンザ・ヒトメタニューモウイルス・RSウイルス・ノロウイルスが

散発的に流行しております。

具体的に、これらの感染症を一つ一つきちんと診断する事で、新型コロナウイルス感染症を

否定出来たり、逆に疑うきっかけの一助になると考えており、またそれにより少しでも皆様の不安

が払拭出来るのではないかと考えております。

そのため本来は治療方針や管理に直結しない検査に関して、医療費の財源をその他の治療に回して

頂きたいという思いから手控えさせて頂いている場面もございましたが、現在はこれらに関しても

保険適応範囲内でですが、積極的に診断を行っております。そのため従来よりも迅速検査など

が増えたりする場面があろうかと思いますが、上記の背景のためとご理解頂ければと存じます。

これらにつきましてなどなど、何か疑問点などございましたら何なりとご相談頂ければ有難いです。

 

 

2020/2/10

2月28日(金)午後の診療について

平素より大変お世話になります。

都合により、2月28日(金)午後の診療開始時刻が、14時30分からに

変更させて頂きます。ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんが、ご周知のほど

よろしくお願いします。

2020/1/29

アクトヒブ(インフルエンザ菌)の追加接種延期について

平素より大変お世話になっております。

定期接種のアクトヒブ(インフルエンザ菌)の供給が全国的にストップして

しまいました。原因は注射針の一部が錆びついていたという事例があったとのこと

です。もちろん当院ではそのような事例はありませんでしたのでご安心ください。

 

ただ突然の供給ストップですので、当面は初回3回接種の方を優先させてあげたい

ので、追加接種の方に関しては一旦中止とさせて下さい。

(追加接種の方に関して当院では最短のスケジュールで予定を組んでいますので

標準の追加接種よりも数ヶ月早く日程を組んでいます。そのため猶予は数ヶ月

あるかと考えておりますので、ご安心頂ければと存じます。)

何か疑問な点などがありましたら、いつでも当院までご連絡頂ければ幸いです。

ごあいさつ

「病気に苦しむこどもたちをすくいたい」という強い思いから、小児救急・集中ちりゅを中心に全国各地の病院で研鑽を積んで参りました。一方、内科では内視鏡検査・治療をはじめ総合診療を重ねてきました。
こうした過程を経た現在、早期発見・早期治療、同時に、そこにいたるまでの予防が何よりもたいせつであると痛感しております。患者さん、そのご家族に寄り添って、同じ方向を向いて医療を実践していきたいと思っております。これまでの経験を地域の皆様に還元し、お役に立てればと願っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
    豊川小児科内科医院 医院長 豊川洋市

院長紹介

氏名:豊川洋市(とよかわよういち) 経歴:関西医科大学 医学部卒業 京都第一赤十字病院 福井愛育病院・循環器病院 京都府立医科大学付属病院 京都公立南丹病院 長野県こども病院ICU 札幌東徳洲会病院 北九州市立八幌病院小児救急センター 安曇野赤十字病院 倶知安厚生病院院長 豊川 洋市 写真